経験者がぶっちゃける!キックボクシングのダイエット効果&落とし穴。

読者

キックボクシングって、、、ぶっちゃけ、ホントに痩せるの?

……正直に言いましょう。

キックボクシングってね、、、

ぶっちゃけ世間で言われているほど、

脚痩せに効果はないんですわ。

読者

えっ…でもネットでは「キックで脚痩せ!」って書いてあるけど?!

山猫

それは、そう書く方が儲かるから。

正直にぶっちゃけると、キックボクシングは

お腹・背中は痩せるけど、脚痩せは難しい。

※実際、私は週に3~4回を3ヵ月通ったけど、ほとんど痩せなかった。

が!

キックボクシングがダイエットにおすすめなのは本当。

全身の筋肉をフル活用なのでカロリー消費率は抜群ですし、

筋トレしなくても、普段の練習だけで腹筋が割れます

この記事ではキックボクシングジムに1年半、通っている筆者が、

  1. キックボクシングだけでは痩せない理由
  2. キックボクシングのダイエット効果の高さ

を正直に書いていきます。

目次

キックボクシングがダイエットに最適な理由

単位時間当たりのカロリー消費量が高い

国立栄養健康研究所 改訂版『身体活動のメッツ(METs)表」によると、

ランニングのMETSは7~9ですが、キックボクシングのMETSは10.3です。

つまり、キックボクシングは、ランニングの1.3倍ほどカロリー消費します。

METS(メッツ)とは

「運動時のエネルギー消費量が安静時のエネルギー消費量の何倍になるか」という、運動の強さを表す単位。

 →要は安静時の何倍カロリー消費するか?という度合のこと。

体重50kgの人でイメージすると、1時間のカロリー消費の差は

  • ランニング(時速8.4km)→ 470kcal消費 
  • キックボクシング → 540kcal消費

では、なぜキックボクシングのMETSは高いのか?

明言されている文献がなかったので私の推測になりますが、理由はキックボクシングが大きな筋肉をたくさん使うスポーツだからだと思います。

どんなスポーツも全身運動ではありますが、キックボクシングは下の画像のように

まんべんなく全身をガッツリ使うので、単位時間あたりのカロリー消費量が高くなるのではないかと。

水泳なんかもMETSが高いのですが、あれも常に全身の筋肉をばっちり使ってますしね。

山猫

もっとカッコ良く、もっと身体を上手に使いたい!という人にオススメな本がコチラ。

写真が多く、文章も具体的にコツが書いてあり良かったです。

(知られていませんが、キックボクシングのベースはムエタイです)

では!

それなのに、なぜキックボクシングだけでは脚痩せは難しいのか?!

キックボクシングだけでは瘦せない理由

食事制限を徹底的にやって、かつキックボクシングをするならともかく、キックボクシングだけで全身すらりと痩せるのはかなり困難です。

え、でもモデルとかインフルエンサーは超痩せるって…?

山猫

恐らく、てか絶対だけど

彼女たちは高いお金を払ってパーソナルトレーニングを受けており、

十中八九、そのプログラムには筋トレが組み込まれています。

なぜなら、サンドバッグを蹴り散らかすだけ(=有酸素運動だけ)では痩せ体質にはなれないからです。

消費カロリーが摂取カロリーを上回らない。

キックボクシングを30分して消費できるカロリーは、せいぜい260kcalほど。

人間が痩せるには、【摂取カロリー < 消費カロリー】にしなければならないのですが、

太っている脂肪が貯まる)ってことは、その人の食生活はそもそも栄養過多な訳です。

そんな人がたかだか200~300kcal分の運動をしても、よくてトントン・肥満化が止まるだけで、既に蓄えてしまった脂肪はそう簡単に燃やされません。

なので、食事制限なしでは痩せません。

でも……でも30分で260kcalってことは、

1時間やれば500kcal、2時間で1000kcal消費出来るんでしょ?

それなら痩せるんじゃ?

甘いです。キックボクシングのハードさをなめてます。

キックボクシングは、そんな長時間継続して出来る運動ではありません。

キックボクシングは男性でも休み休み練習するハードな運動。

運動不足な初心者女性が最初から1~2時間ガッツリやるのは非常に難しいと思います。

休み休みなら出来るかもしれませんよ?

しかし実質的な活動時間を1~2時間分にするのには2~3時間滞在しないといけなくなるし、体力は回復して動けても、集中力はどうしても下がってしまいます。

私のジムでも、多くの女性は1時間ほど練習する人がほとんどです。

「キックボクシングを1時間やっている」という場合、実際の活動時間は40分程度でしょう。

このズレを認識しておく必要があります。

有酸素運動で筋肉が減る=リバウンドのリスク大。

脂肪は、有酸素運動を開始して20分経過後から積極的に燃やされます。

脂肪を燃やすには身体を温めなければいけないので、温まるまでは糖やタンパク質を燃やしているのです。

では問題。

有酸素運動をするとき、糖やタンパク質が不足すると、身体は何を分解してエネルギーにするでしょうか?

筋肉です。

なので、過度な有酸素運動は筋肉量を減らし、基礎代謝が低くなります。

筋肉量が少なくなる=脂肪燃焼する場所の縮小であり、ダイエットにおいてはデメリットの嵐。

  • ダイエットの効率が悪くなり
  • 非効率のため、ダイエットの成果が出るのが遅く、
  • 成果が出ないため、継続モチベーションを保つのは難しくなり、
  • しかも痩せても凄くリバウンドしやすい身体になる。
山猫

でも食事制限はストレス溜まるからヤダ……

考えた末、私は筋トレも同時並行することで「基礎代謝を上げる」という戦略を取りました。

私が使用した筋トレの本は以下の通り。どれもイラストが多く、わかりやすいです!!

特にやせ筋トレ姿勢リセットは、2週間継続したら慢性的な腰痛が消えたので超おすすめです。

キックボクシング(&縄跳び)に加えて、【ワイドスクワットを20回×3セット】をほぼ毎日継続したところ、

食事制限なしでも、痩せました…!!

(少しずつだけど💧)

以上、キックボクシングのダイエット効果についてでした。

コメントはこちらから↓

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる