やせ筋トレ・筋膜リリース

【やっぱスクワットは痩せる】半年目のビフォーアフター公開。

2021年3月をもちまして、私のダイエットも6か月目となりました。

半年継続してどうなったか?どれくらい大変だったか?を5か月目の経過報告と合わせて、まとめて書いていきます!

5か月目・6か月目の達成率は以下の通りです。

5か月目(2021年1月~2021年2月)

  • スクワット……月の7割(19日)
  • 縄跳び……月の3割は飛んだ。
  • キックボクシングジム……週に2~3回

6か月目(2021年2月~2021年3月)

  • スクワット……月の7割(19日)
  • 縄跳び……月の3割は飛んだ。
  • キックボクシングジム……週に2~3回

それでは、【スクワット・キックボクシング・縄跳び】の検証レビュー5か月目&6か月目、開幕。

半年後のビフォーアフター

少しずつなのでわかりにくいですが、確かに、確かに痩せてます!

半年継続して、実は太もものサイズは1cmしか変わってません。しかし太ももの一番太いところ(両ももの接着面)が減っているのは写真で見ると明らか。(↓の方の写真だとよりわかりやすい。)

見るべきは体重でもサイズでもありません。写真です!!

だから、ダイエットのときは必ず写真を撮りましょう。「うぅぅぅ……」と目を閉じたくなるかもしれませんが、その写真はあとで自分を救います。

リバウンドしない・健康的に綺麗に痩せるダイエットは、すぐには痩せません。「すぐに痩せる=異常事態」なので痩せたら身体はビックリして太りやすい体質になります。

「こいつ、突然やせた!?飢餓か?死ぬんか!?大変だ、脂肪を貯めねば!」と身体が勘違いしてしまうんですね。

そのときはすぐに痩せて嬉しいし楽かもしれませんが、喜ぶのも束の間。簡っ単にリバウンド&もっと太りやすい身体になってしまいます。

「地味に少しずつ痩せる」ということをしっかり理解して、「大丈夫、少しずつだけど痩せてる」と自分を信じて継続するには写真が必須です。

執筆者:山猫

私のサイトで1か月ごとの成果をビフォーアフターで載せているのは、

「〇ヵ月の効果はこんなもんなんだな」とわかってやっていれば、効果がわかりにくい最初の数か月を耐えられると思うからです。

「すぐに痩せる」を信じると1か月で挫折してしまいますからね……(ーー;)

ちなみに5か月目はコチラ

執筆者:山猫

ちゃんと5か月目に撮ったんですよ。

でも6か月目とほとんど同じなんですよね、大した違いを感じない。

だから5か月目はこの半年目の記事にまとめちゃうことになったわけです。

半年ダイエット継続。ヒップアップは?

おしり……丸くなってる!

なんか始める前は重力に従って肉が下がっていて、お尻のカーブがドロップ型(💧)だったけど、重力に逆らって丸みを帯びてます。尻トップ※が上がっています。

※尻トップ……バストトップ的な言葉。ヒップのてっぺん。

2か月目・3ヵ月目ではまだこんなに丸くなってません。2~3ヵ月目の画像はコチラ↓

5か月目の比較画像がこちら。

この時点でだいぶ丸みがでてます。

前もも、張ってる……。

いやぁ~、丸くなってよかった、よかった。

ところで、始める前と比べて前ももが太くなってるような気がするのは気のせい??

気のせいよね?サイズは良くも悪くも変わってないんだけど??

恐らく前ももはストレッチ不足で張っているのだと推測しています。ストレッチをもう少ししっかりやろうと思います。

それでも解決しなければやり方を考えねば……。

スリーサイズ・体重

サイズ測定

   スリーサイズの変化   

始める前……【B?:W63:H89.5】

5か月経過……【B?:W61.5:H91】

半年経過……【B?:W61.5:H91】

脚のスリーサイズ(太もも・ふくらはぎ・足首)

始める前……【54:33:19.7】

半年経過……【53:33:19.4】

ほとんど変わってない……!!!写真だと結構変わってるのに……!!

まぁヒップの数値が上がってるのは丸みが出たからだろうと思います。あと半年でどれくらい変わるのだろうか?

個人的にはウエスト・ふくらはぎはマイナス1㎝。太ももはマイナス2~3cmが目標です。

半年やって、確信したこと。

体重・3サイズは本当に当てにならない

このブログで何度も書いてきたことですが、大事なことなのでもう一度書きます。

  1. 体重は増えても問題ない。なぜなら筋肉は脂肪より重いから、順調にダイエットが進んでる時は体重が増えることも十分にある。
  2. サイズも気にしない。一番太いところのみ測るので、痩せてる部分の変化は測れていないことが多々あるから。

とにかく写真です。写真を撮るのです。痩せている実感を得られると継続の難易度がググッと下がります。

自作ダイエットの効果の高さを実感。

半年やって驚いたのが、

「あんだけ好き勝手に食べててもちゃんと痩せるんだ!?」

ということ。

というのも、私は食事制限したくない派なのでダイエット開始前と変わらない食生活を送っていました。

執筆者:山猫

元々、パスタは0.7人前でお腹いっぱいになるくらいの小食ではありますが、毎週土日はどこかしらで外食してましたし、焼肉もむしゃむしゃ食べてましたし、パンやお菓子だって好きに食べていました。

「心置きなく食べてもいいように、有酸素運動・無酸素運動の両方をダイエットに取り入れたんだもん!」と開き直って。

なので、量は少なくても、カロリー的には人並み~人並み以上に摂っていたと推測しています。

事実、周囲の人から「そんだけ好き放題に食べて、よく成果出るね……不思議」と驚かれたほど、好き勝手に食べていたのです。

しかも私は毎日は運動してません。何もしない日も月に2割はありました。

にもかかわらず、痩せた。つまりそれだけ効果の高いダイエットだったのだと思います。

  1. スクワット(=効率最強な無酸素運動)
  2. 縄跳び(=効率最強な有酸素運動)

この2つを掛け合わせたダイエットは最強なのではないかと思います。

また、縄跳びだけだと「つまんない~、地味~」と飽きていたでしょうが、キックボクシングジムに行くことで「わたし、頑張る!爽やかに汗を流すと気持ちいいっ」というフレッシュ運動ガールな気分を保てました。

月に1万円ほどかかりますが、今後も楽しく通おうと思います(^^♪

1個、問題が……。跳べなくなった?

なんか、、、縄跳びがヘタクソになったんですよね……。

前は5分なら休憩なしで跳べたし、引っかかることもなかったのに、最近はしょっちゅう引っかかるし、すぐバテるし……。

どうやら縄を回しているとき左右の腕の高さ?が違うみたいで、それが原因でよく引っかかるようです。でも前はヒュンヒュン飛べたのに、どうして……。

割と悩んでます。出来たものが出来なくなるって凄いストレスなんですよね。引っかかると痛いし。

飛べなくなったキキの気分…。私の場合は「跳べなくなった」ですけど(笑)最近は飛んでても引っかかって痛くてイライラするので、3分しか跳んでいません。

もしくは「縄を持つ手の左右差が出るのは、腕の筋肉に左右差が大きいのでは?」と言われたので、腕を鍛えようかな?と検討中。

7か月目現在、相変わらず左右差はあるものの、だいぶマシになったので、6~9分跳んでいます。

また二の腕引き締めのために、筋トレメニューを増やすことにしました。左右差がなくなればいいのですが……( ̄▽ ̄;)

二の腕引き締めのビフォーアフター記事を作るべく、奮闘中です♪

最後に

以上、半年の成果でした。

では~

執筆者:山猫

TwitterInstagramで記事の更新をお知らせしています。

記事のお知らせがほとんどで、「今日の夕飯は天丼!」みたいな余計な投稿はほぼ無いので、ぜひフォローしていただけると……! 励みになりますので……!

コメントはこちらから↓






    RELATED POST

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です