旅行

女一人旅にバルセロナを推す理由&超おすすめのホテルについて

バルセロナは執筆者イチオシの観光地の一つです。

様々な都市へ一人旅してきましたが、ヨーロッパ旅行の外食で唯一「美味しいぃぃ!」と叫んだのはバルセロナでしたし、人混みの中にいることを忘れるほどサグラダファミリアには感動しました。

バルセロナ単体の旅行もいいですが、個人的にはフランス・ドイツ・イタリア周遊の間に挟むのがいいと思います。味が違うので旅にメリハリが出ると思います。(LCCで片道5000円くらいです。)

バルセロナ=スリが多い!というイメージですが、きちんと注意して観光すれば酷い被害には合わないと思います。とにかくバルセロナを見てほしい!!

バルセロナをオススメする理由は3つ

  1. ガウディ建築が美しい・他のヨーロッパの建築とは一味違って面白い。
  2. ピンチョスがめちゃ美味しい&一人旅にオススメなスタイル
  3. バルセロナウォーカー”という信じられないくらい親切な観光サイトがある

➀ガウディ建築が美しい・他のヨーロッパの建築とは一味違って面白い。

ヨーロッパの建築って系統が同じなので、「もうゴシック建築はお腹いっぱいよ!」「緻密で精巧すぎる彫刻がもはや辛い……」「前に行った○○との違いがわからん」と食傷気味になることも少なくありません。凄く綺麗なんですよ?!ただ……味付けが同じなもんだから麻痺してくるんです。

ガウディ建築はいわゆる普通のヨーロッパの建築ほど、伝統!緻密!キリスト!!って感じがしなくて、うねうねしてる&自然をモチーフにしているので生命力を感じるデザインなんです。色使いも造形も独創的で面白いし、お土産も可愛いものが多かった印象です。

②ピンチョスがめちゃ美味しい&一人旅にオススメなスタイル

ピンチョス、またの名をタパス。

上の画像みたいに、バゲットの上に肉やチーズなどをのせた食べ物です。ちなみにこの画像のピンチョスは、エビフライ&タルタルソースとカマンベールチーズ&トマトマーマレードで、どっちもめっちゃ美味しかったです♡(決してカブトムシの幼虫ではありませんヨ)

私が行ったピンチョスバーはTXAPELAというお店だったのですが、この店が素晴らしい。大通りにあるから目立つし、店員はフレンドリーだし、日本語メニューがあるし、なにより――――

この店はランチョンマットシート?がメニューになっており、写真とそのピンチョスの説明が載っているのだ!しかも番号が振ってあるのだ!!

「32、please」

注文はこれだけでOK!店員も客も助かる!!手元にずっとメニューがあるので、食欲・オーダー欲も増す!このシステム考えた人は天才……!?

しかも美味い。ピンチョスにもよるけど、「ひぃぃぃぃ」と奇声を上げそうになるほど美味い。携帯の充電が切れたため、御姿をカメラに納められなかったが、イベリコ豚のソテーのピンチョスは3個食べたくらい美味しかった。私は帰国前日にこの店を知ったため、一度しか行けなかったのだけど、バルセロナ空港・帰りの飛行機・帰国してからもずーーーっと

「イベリコ……イベリコ……イベリコ……!!」

とイベリコを想っていました。まさにひと夏の恋……。

しかも……安い!! ピンチョス1個で2~3ユーロ。小食の私にとって、色んなものをちょっとずつ食べられるというのは最高にありがたかった。バルセロナウォーカーや口コミでは「まぁまぁ?」と評価されているみたいだけど、私は全力でここを勧めます。

エビとなんかプリプリしたサラダのトマトピンチョス。もちろん美味。

バルセロナウォーカー曰く、ピークタイムに行かないと売れ残りのパサパサピンチョスを食べる羽目になるそうなので、混んでいるときはゲゲっ!ではなくチャーンス☆です。

③”バルセロナウォーカー”という信じられないくらい親切な観光サイトがある

バルセロナ観光と検索すると、バルセロナウォーカーというサイトが出てきます。このサイトが信じられないくらい懇切丁寧に観光の仕方を教えてくれています。

公共交通機関の利用方法、観光スポットの周り方、チケット購入方法などを、大量の画像つきで教えてくれるので、これがあればツアーガイド付きで観光するようなものだと思います。とにかくめちゃんこわかりやすいです。サイト運営チームを尊敬します。

スリが多い……というのは大きな不安要素かもしれませんが、これだけ詳しい教科書があるんなら、個人旅行デビューにいいんでない?とすら思います。

※ただ、行くなら絶対に【よくある犯罪の手口まとめ記事】を熟読してください。

バルセロナ観光のざっくりしたコツ

バルセロナ観光のコツの99%はバルセロナウォーカーが既に書いていますので、私は残りの1%を書いていこうと思います。といっても、サグラダファミリアとグエル公園関係の情報のみなんですけど。

というのも、私がバルセロナ観光をしたのは2017年8月17日~だったのですが、私がバルセロナに到着したとほぼ同時刻にテロが起こりましてね……

一応、行きたかった場所は全て観光できましたが、非常事態での観光だったため、読者の方の参考にはならないと思います。(端的に申し上げますと、めっちゃ空いてました)

当時、どのように観光を楽しんだかは別記事で書くことにして、この記事では今後も応用できる観光ポイント、もっというとオススメのホテルを書いちゃいます!

サグラダファミリアは晴れた日の朝方or夕方

サグラダファミリアに入場するベストな時間を、強いて挙げるなら晴れた日の夕方だと思います。「強いて」とつけたのは、ぶっちゃけどの時間でも綺麗だと思うから(笑)

バルセロナウォーカーのサイトで何時のサグラダファミリアが一番きれいか!?という検証があったのですが、朝方か夕方が最も強くステンドグラスに陽が射すようでした。逆にお昼前後は塔の真上に太陽が来てしまうので、ステンドグラスがそこまで映えません。

私は1週間くらいバルセロナに滞在してたので、毎日、天気予報とにらめっこして「よし、この日は確実に晴天だろう!」という日の夕方のチケットをネットでとりました。結果、おそらく最高の状態でサグラダファミリアを味わえました。

一度しか言ってないのになぜ最高と言えるのかというと、ネットで見る他の人のサグラダファミリアの画像が「……なんかしょぼい?」って感じのものが少なくなかったから。

単純にステンドグラスの輝きが違うというのと、白い建物内に映るステンドグラスの影が薄い印象を受けました。

燃える~ってくらい輝いてました。(ほんとに加工してません)

私は普通のスマホで割と適当に撮っていたので、カメラの差ではないと思います。

朝方は東側にある寒色系のステンドグラスが強く輝き、夕方は西側の暖色系ステンドグラスが強く輝くそうです。特に夕方は西日のおかげでステンドグラスが最も映える時間帯と言えるでしょう。

その他の旅行でも「天気ってめっちゃくちゃ大事だよなぁ」と実感してるので、もしチケットの時間に選択肢があるなら朝方or夕方を勧めます。

ちなみに塔は……

塔へ登れるエレベーターがあります。くだりは階段です塔に上るか上らないかで結構チケット代が変わります。

私は受難のファサードに上りましたが、正直あれは必須ではないです。のぼっても

「わぁ~、見晴らしがいいね~」

「あ☆あそこで工事してる~」

「ふーん、こんな感じなんだー、完成が楽しみだね~」

以上3点くらいしか感想が生まれません。もっと言うと、下りは他の観光客と螺旋状に行列を作って、ひたっすら螺旋階段を降りるのですが、軽く頭がくらくらしました。ずーっと下まで続く螺旋階段を見下ろしていると

「私は……かたつむり?それともサザエ?」

という気分になります。

「折角だから一回登ってみる」という方を止めるほどではありませんし、せっかく入ったんですし、むしろ大いに上って下されって感じですが、必須ではないです。感動は下部分だけで満腹になれます。

グエル公園は朝の開園前に行けば無料で入れる!しかも人がほとんどいない!!

な、なんとグエル公園は開園前の8:00以前に入場していれば、入場料8ユーロがタダになります。詳しくはこちらを読んで下さい。

なんということでしょう……。2020年6月からグエル公園の早朝入園は出来なくなったそうです……。

元々、早朝で人がいないこともありトラブルが多発していたそうなのでその関係なんでしょうか……。残念です(;_:)

・・・開門してから午前10時前までに入場していればそれほど混んでいません。ですので朝日が昇るのを見たいとか絶対8€得したいと言う人でなければ、無理してまで早朝に行く必要はない・・・

早朝は韓国、中国人観光客だらけのアジア祭りとなっていて、多少興ざめする人もいるかも知れません。早朝グエル公園の名物となりつつある

【2020年最新版】完全解説 グエル公園の早朝無料入場 =メリット、デメリット包み隠さず教えます= | バルセロナ ウォーカー バルセロナ ウォーカー (kamimura.com)

通常ならこのベンチに人がい~っぱい座ってます。こんな無人状態で撮れるのは早朝のみでしょう。

バルセロナ女一人旅、超おすすめのホテル

バルセロナの早朝の地下鉄は通勤ラッシュだからスリが多く、観光客はタクシーで行けという注意がされています。確かにバルセロナはタクシーが安いらしいので、それもアリっちゃアリですが、出来ればタクシーは使わずにグエル公園に早朝に行きたい場合――――

超オススメのホテルがあります。それがファクトリーハウスです!

グエル公園の早朝入園に行かないにしても、おすすめのホテルです♪

グエル公園のすぐ近くなので、早朝に徒歩で行くことが可能です。ホテルから公園までの200メートルで襲われたらおしまいですが、日も出ていて道も明るかったので、危険は一切感じませんでした。

他の観光スポットからはやや離れていますが、バスに乗ればあっという間につきますし、中心地から離れている分、他のホテルより安い気がします。

朝、バルコニーで洗濯物を干したり、ゆったり過ごすのも良き……。

というか、グエル公園とか抜きで考えてもこのホテルはとーーーっても居心地の良いホテルだったので、ぜひ利用してほしいです。

  • スタッフがフレンドリー&親切
  • おしゃれで清潔
  • 共有スペースが使いやすい
  • フロントがカフェのようになっていて、カフェラテやマフィンを頼める(美味しい)
  • ベッドやスーツケース用の引き出しがしっかりしたつくり
  • ベランダからの眺めがいい
フロントで買えるマフィン&カフェラテ

まぁ、ここはBooking.comでも大人気(しかも日本人に)なので、今更な情報かもしれませんが、個人的にいままで利用してきたユースホステルのなかでもトップクラスによかったので紹介致しました。

もしドミトリールームで泊まる宿をお探しでしたら、ファクトリーハウスをぜひ利用してみてください♪

最後に

以上が「バルセロナを一人旅に進める理由」と「バルセロナ観光のコツ」でした。

文章少なくね?と思われたかもしれませんが、それはバルセロナウォーカーさんが完璧にまとめてくれているので、私ごときが付け足す内容がほとんど無いからです。

もしバルセロナを観光するならTXAPELAでピンチョスを食べてくださいね!特にイベリコ。

執筆者:山猫

TwitterInstagramで記事の更新をお知らせしています。

記事のお知らせがほとんどで、「今日の夕飯は天丼!」みたいな余計な投稿はほぼ無いので、ぜひフォローしていただけると……! 励みになりますので……!

コメントはこちらから↓






    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です