喫茶店・雑貨屋とか

【紅葉】昭和記念公園、和傘ライトアップなどの見所を紹介。混み具合・お勧めの周り方

突然ですが、

去年の11月に昭和記念公園で紅葉を見に行ったら想像以上に素晴らしかったので、その布教をしようと思います。見所紹介というやつです。

私が行ったのは2020年・11月15日の15時ごろ。公式サイトで見頃マークをばっちり確認して行きました✨

すーごく広くてそう簡単に密にならない公園ですので、都内近郊にお住いの方、ぜひ一度行ってみて下さい(^^♪

それでは、見どころをどんどん紹介していきましょう!

※記事内の写真はすべてスマホで撮っており無修正です。(公式サイト引用を除く)

まるで黄金のトンネル、素晴らしいイチョウ並木

『かたらいのイチョウ並木』と呼ばれる、昭和記念公園の目玉スポットです。

98本のイチョウによる300メートルの並木道。快晴だったこともあり、日に照らされた黄色い葉が金色のトンネルを作っていました。

宣伝ポスターなんかにも使われていますが、あのまんまです。記事内の写真は全てiPhoneで撮っていますが、普通にパシャリと取っただけでポストカードにできそうな写真が取れます。

記念撮影は黄色いベンチで……?

このかたらいのイチョウ並木には記念撮影にぴったりの黄色いベンチが用意してあります……が、私がいったときは最盛期のしかも夕方だったので順番待ちの列が出来ていました。

青〇がベンチです。10mくらいは列ができていたかな?

どうしても人がいない状態で撮りたいのであれば、開園してすぐに駆け込むしかないのかと思います( ̄▽ ̄;)

混み具合のわかりそうな写真

「周りの目を気にせず全力で決め顔・ポーズをする彼女と、熱心にその姿を取る彼氏」

という組み合わせをチラホラ見かけ、ほぇ~って感じでした。

家族連れ、カップル、老夫婦など客層は様々。

治安は良さげ。

執筆者:山猫

私は紅葉の中でもイチョウが大好きで大好きで……。

実は3年ほど前、このイチョウ並木を見たくて一人で閉園間際に駆け込んだところ、並木道に着いたらギャグみたいに全て落ちていて……

黄色い絨毯すら踏めなかった苦い思い出があるので、最盛期を見れて本当に幸せでした……。

これ見るだけでも450円の価値ありますが、昭和記念公園にはま~だまだ見所があるのです!!

日本庭園

昭和記念公園には、首都圏で戦後作られたものとしては最大規模の日本庭園があります。

ここが夜になるとライトアップされ、幻想的な世界を散歩できるのです!

ただし、このライトアップした日本庭園に入るには別途1,000円かかります。とはいえ記念公園の入園料が450円なので、トータルでみれば格安でしょう。

開園~16時までは入園料だけでも入れますが、16時になると「準備するので出てってちょ」と追い出され、外で準備が出来るのを待ちます。

下2枚の写真のように、暗くなればなるほど、素人のスマホ撮影では美しさをとらえにくくなります。

16時半~20時半までライトアップはあるものの、陽が沈む前の方が、庭園&ライトアップが綺麗に撮りやすい!!

ライトアップ用のチケット売り場も15時半~から列が出来るので、早め早めに行動・チケットを入手して、庭園オープンしたらすぐに入るのをオススメします!

庭園オープン直後だとこれくらい明るいです。

これはこれで綺麗。

オープン直後だから人もいないし。

私はローファーで行きましたが、じゃりじゃりしてるし、池のほとりで写真を撮りたいなら、ヒールはやめといた方がいいかも…。

無理ではなさそうだったけど。

お抹茶と和菓子を食べるのも、よき。

庭園内にある茶屋?で呈茶を頂けます。お菓子付きで610円

「観風亭」で食べられます。

受け付けは19時まで。

店内はこんなん。外席もある。

うまうま。

私はこの記事を書くために写真をたくさん撮ったのだ!ドヤヤ!!

しかし昭和記念公園の魅力はまだ終わらない!!

和傘のライトアップ展示

そう……昭和記念公園は2020年から和傘のライトアップ展示を始めちゃってくれたのです!!やっぴー\(^^)/

シックな色合いの庭園に鮮やかな和傘がまぁ映える映える。

ちなみにお昼(ライトアップされていない)とこんな感じ。↓

皆様、スタンバっております。

お疲れ様です。

綺麗に撮るために特別な技術は要らなそうだけど、これだけ!

必ず和傘の真正面から撮ってください。みんなそこいるから順番待ちしなきゃだけど、写りが全然違います。

傘の正面じゃない場所から撮ると、傘の後ろの照明が傘からはみ出てしまう。

→映りが変わってしまうくさい。

まぁ正直、見出しの下の写真は連れのiPhone8の写真なので、性能の問題もあると思います。※私はiPhone7です。

でも言う。和傘を撮るときは真正面から。

ちなみにイチョウ並木もライトアップある

イチョウ並木もライトアップはあります。

でも私のカメラでは美しく撮れず……。

実物はもっと綺麗だったんですよ……。イメージを伝えるために公式写真を載せときますね……。↓(公式サイトより)

この1件で一眼レフ買おうかな??と一瞬思いましたねぇ~笑。

まぁ、目に焼き付けるのが一番大事なんですけどね。カメラ持ってるとどうしてもカメラ越しに世界を見ようとしてしまうので、一長一短か。

嘘でしょ?まだ終わらない、昭和記念の魅力

美しい景色だけでなく!食べ物・素敵なお土産も買えちゃうよ!!!

美味しい

味は「みたらし」と「味噌」だった気がする。

もちもちしてて美味しい。美味しいの。

あ、割とデカいよ。団子1粒が小さめの卵くらいの大きさ。

この、壺焼き芋、めっちゃ食べたかったけど売り切れてた……。15時では遅かったみたい……。

焼き芋+アイスってなんだよ、絶対に美味しいやん……。

このキャラメルのソフトクリームがね、

イイ感じにほろ苦くて甘くて、美味しかったのです……。

食べ歩きMAPなるものまであった。

お昼から行けばよかった。

食べて散歩して、、、最高じゃないですか。

こんな素晴らしいガラス工芸が格安で販売だと……!?

このお店を見て、私は走り寄りました。可愛いし使いやすそうだし、なにより安い……!!!!

聞いたところ、静岡にあるガラス工房「すみれ」さんが毎年、昭和記念公園で出店しているそうです。

私はこの2つを買いました。

細いのは2000円、巾着は1500円とかだったような……。

いずれにしてもこれだけ素敵な作品なのに安すぎる。

こういったハンドメイド作品、特にガラス工芸に目の無い私、購入後はウキウキしすぎて、庭園のチケットを買う列に並ぶときに袋から出してうっとりしてました笑。

とても使いやすく可愛いので、ぜひぜひ。工房の公式サイトで通販もしているそうなので、ぜひぜひ。

料金とアクセス

入園料

  • 大人(15歳以上)は450円。中学生以下は無料!
  • 日本庭園ライトアップは別途1000円。
  • 一応、公式サイトで確認してくだされ~

開園時間・アクセス

  • 11月~2月(秋冬)は9時半~16時半。ライトアップは20時半まで。
  • 立川駅から徒歩10~15分(出口によるが「あけぼの口」が近い)
  • 駐車場あり。普通車なら1日840円。

国営昭和記念公園 – Google マイマップ

楽しみつくすコツ

  • 公式サイトで見頃かどうか確認する!!!!(超重要)
  • 早めの時間(お昼過ぎ)から行く。とても広いので見るものも多く、出店も多い。※夕方になると混んできて売り切れになる食べ物が多い。
  • 日本庭園で綺麗な写真を撮りたいなら、庭園オープンしてすぐ入る!そのためにも15時半ごろには庭園のチケット購入の動きを。
  • 昼~夕方はスマホでも綺麗に撮れるけど、夜の風景を綺麗に撮りたいならそれなりのカメラを用意する必要がありそう。

イチョウの近くにあるベンチとか座るときは気を付けて!銀杏落ちてるから、服についたら大変よ!

最後に

紅葉はいろんなところで見れますが、日本庭園・和傘ライトアップ・呈茶が飲めて、素敵なお土産も買える。

そんなところはなかなかないのでは?

興味のある方はぜひ~

執筆者:山猫

TwitterInstagramで記事の更新をお知らせしています。

記事のお知らせがほとんどで、「今日の夕飯は天丼!」みたいな余計な投稿はほぼ無いので、ぜひフォローしていただけると……! 励みになりますので……!

コメントはこちらから↓






    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です